横浜商科大学硬式野球部応援サイト
トップページ 春季リーグ戦 全日本大学野球選手権 秋季リーグ戦 関東地区大学野球選手権 明治神宮野球大会
オープン戦 新人戦 部員名簿 歴代リーグ戦順位 歴代表彰選手 OB情報 フォトアルバムFacebook



Topics & News

神奈川大学野球 秋季リーグ日程決まる

 神奈川大学野球秋季リーグの日程が決まった。1部は29日に横浜スタジアムで開幕し、10月14日からの最終週まで7週にわたって熱戦を繰り広げる。

 開幕日は第1試合で4年ぶりの春秋連覇を狙う桐蔭横浜大と横浜商大がぶつかる。第2試合は関東学院大−鶴見大を行う。

[2017年8月22日 神奈川新聞8面]


桐蔭大が白星発進/桐蔭大1回戦

 神奈川大学野球秋季リーグが29日、横浜スタジアムで開幕し、桐蔭横浜大−横浜商大、関東学院大−鶴見大の1回戦2試合を行った。桐蔭大は3−1で商大を制し、関東大は8−7で鶴見大に勝利した。

 桐蔭大はエース三浦裕作(2年)が散発6安打1失点で完投。同点の7回、代打・岡部恵士(4年)の適時打で勝ち越した。

 秋季リーグの上位2校は、明治神宮大会の予選を兼ねた関東地区選手権大会の出場権を獲得する。

左腕の粘投報われず

 横浜商大・左腕渡辺は9回3失点の粘投も報われなかった。最速140`超の直球は走っていたが、勝負どころでボールが高くなり、「7回に勝ち越し打を許したのは自分のせい。自分が勝利に導くという気持ちで、次こそ完封勝利をしたい」と雪辱を期していた。

[2017年8月30日 神奈川新聞8面]


桐蔭大、連勝ストップ/桐蔭大2回戦

 鶴見大−関東学院大、横浜商大−桐蔭横浜大の2回戦2試合が30日、横浜スタジアムで行われ、10−8で競り勝った商大が桐蔭大のリーグ連勝を「12」で止めた。関東大は8−3で快勝し勝ち点を挙げた。

 商大は最大5点差を追い付き、7回に嘉門裕介(2年)の犠飛で勝ち越した。

失点めげず意地の逆転

 初回に7点を失っても、横浜商大打線はめげなかった。13安打に小技を絡めて逆転劇を演じ、昨秋のリーグ戦から続いていた桐蔭大の連勝を12でストップ。3安打2打点の5番松元は春は投手陣を支えることができなかった今日こそ、という気持ちが入った」と興奮気味に振り返った。

 2点を追う7回。松元がソロ本塁打で相手を追い詰めると、佐々木正雄監督(68)が「意地を見せろ」とナインげきを飛ばす。大迫の同点打に続き、代打嘉門の犠飛で一気に勝ち越した。「どんな形でも点につなげたかった」と嘉門。4回を無失点の3番手・亘ら救援陣の頑張り応えた。

 これで1勝1敗。「勝つだけじゃ意味がない。今日の(序盤大量失点の)悔しさを次にぶつけるんだ」。試合後のベンチ裏には、再び指揮官の声が響いた。

[2017年8月31日 神奈川新聞9面]


桐蔭大が勝ち点/桐蔭大3回戦

 桐蔭横浜大−横浜商大の3回戦が1日、関東学院大ギオンパークで行われ、桐蔭大が4−3で商大に勝利して勝ち点を手にした。

 桐蔭大は3−3の8回2死から岡部恵士(4年)のソロ本塁打で勝ち越した。右腕三浦裕作(2年)は3失点完投で今秋2勝目を飾った。

[2017年9月2日 神奈川新聞8面]


神大と工大が先勝/神大1回戦

 神奈川大−横浜商大、神奈川工大−鶴見大の1回戦が7日、サーティーフォー相模原球場で行われ、神大と工大が先勝した。

 神大は1−1のタイブレークの10回、1死満塁で江越啓太(3年)が決勝の押し出し四球を選んだ。

渡辺先発も白星遠く

 商大のエース渡辺は早くも3試合目となる先発マウンド。8回途中1失点と好投したがまたも勝利を飾れず。「打線が苦しんでいたから抑えたかった」と唇を噛んだ。

 「悔しくはないのか。気持ちが足りないんだ」とげきを飛ばした佐々木監督も、「期待しすぎているのかな」と勝てないエースに首をかしげた。

[2017年9月8日 神奈川新聞8面]

川村完封、商大タイ/神大2回戦

 鶴見大−神奈川工大、横浜商大−神奈川大の2回戦2試合が8日、横浜スタジアムで行われ、
工大が6−1で勝利し、勝ち点を挙げた。商大は6−0で勝利した。

 商大は右腕・川村駿平(1年)が9安打5奪三振で完封した。

危機救う圧巻の投球

 横浜商大のルーキー・川村が今春2位の神大打線を完封と、圧巻のマウンドさばきだ。

 「秋はまだ勝ち点を挙げられていなかったから、何とか勝って明日につなげたかった。」開幕から2週連続で勝ち点を逃がす危機だったチームを救い、佐々木監督(68)も「よく投げてくれたよ」とたたえた。

 向上高出身の右腕は、4月に初登板初完封。今夏は体重を3`増やして下半身の安定が増し、腕の振りのスピードも強化した。今日は自己最高の142`マーク。バッテリーを組んだ2年嘉門も「川村の良さは強気で前向きなところ」と直球中心のリードで押し切った。

 2011年春以来の優勝を目指す指揮官は「勝ち点をつかむことが大事。春の強者から勝つことで、勝利への意識がさらに強まる」と強調する。

 期待に応えた川村は「優勝に導ける投球をこれからも続けたい」と、おごらずに、打者に挑み続ける。

[2017年9月9日 神奈川新聞8面]

神大が勝ち点/神大3回戦

 神奈川大−横浜商大の3回戦が9日、神奈川工大KAITスタジアムで行われ、神大が8−4で商大に勝利して勝ち点を挙げた。

 神大は1点リードの9回に松下航平(4年)の2点適時二塁打などで3得点して突き放した。

商大は手痛い敗戦

 横浜商大の主将大城は手痛い敗戦に「上級生の責任で情けない。せっかく(2回戦で)下級生(の投手)が勝利を手繰り寄せてくれて、今日があったのに」と悔し涙を浮かべた。

 これで第1、2週と勝ち点を逃し、いきなり優勝戦線から出遅れてしまった。未勝利のエース渡辺は「相手を抑えられないのは僕のせい。もうこれ以上負けたくない」と気合を入れ直した。

[2017年9月10日 神奈川新聞18面]

工大、神大、商大が先勝/鶴見大1回戦

 桐蔭横浜大−神奈川工大、神奈川大−関東学院大、横浜商大−鶴見大の1回戦3試合が16日、横浜スタジアムで行われ、工大が4−0、神大が2−1、商大が3−2でそれぞれ先勝した。

[2017年9月17日 神奈川新聞12面]

工大4連勝、単独首位/鶴見大2回戦

 関東学院大−神奈川大、鶴見大−横浜商大、神奈川工大−桐蔭横浜大の2回戦3試合が18日、神奈川工大KAITスタジアムで行われ、工大が7−5で神大を下し、開幕から4連勝の勝ち点2で、首位に立った。関東大は3−2、鶴見大が8−0で勝利した。

[2017年9月19日 神奈川新聞15面]

商大、関東大が勝ち点/鶴見大3回戦

 横浜商大−鶴見大、神奈川大−関東学院大の3回戦2試合が19日、関東学院大ギオンパークで行われ、商大が6−0、関東大が6−2で勝利した。

 商大はエースの左腕渡辺佑樹(4年)が9奪三振で完封し、今季初の勝ち点を挙げた。

[2017年9月20日 神奈川新聞8面]

桐蔭大、関東大が先勝/関東大1回戦

 桐蔭横浜大−鶴見大、関東学院大−横浜商大の1回戦2試合が30日、関東学院大ギオンパークで行われ、桐蔭大が8−2、関東大が2−0で先勝した。

[2017年10月1日 神奈川新聞8面]

関東大12安打大勝/関東大2回戦

 横浜商大−関東学院大、鶴見大−桐蔭横浜大の2回戦2試合が1日、関東学院大ギオンパークで行われ、関東大が9−2で、桐蔭大が4−3で勝利した。

 首位の関東大は冨田慎太郎(1年)が3打点を挙げるなど打線が12安打9得点の猛攻で勝ち点を4に伸ばした。

[2017年10月2日 神奈川新聞16面]

工大Vへ望みつなぐ/工大1回戦

 神奈川大−鶴見大、神奈川工大−横浜商大の1回戦2試合が7日、サーティーフォー相模原で行われ、神大が8−4、工大が10−6でそれぞれ先勝した。

 工大は3点リードの4回に安濟颯一郎(4年)の3ランなどで4得点して突き放し、左腕島村純平(同)が7回1失点と好投した。

[2017年10月8日 神奈川新聞12面]

工大が望みつなぐ/工大2回戦

 横浜商大−神奈川工大、鶴見大−神奈川大の2回戦2試合が8日、サーティーフォー相模原で行われ、工大が3−0、神大が6−2でともに連勝し、いずれも勝ち点を3に伸ばした。

 優勝、2位争いともに関東学院大、工大、神大の上位3チームに絞られた。現在勝ち点4の関東大が工大との直接対決で勝ち点を取れば、11季ぶりのリーグ優勝が決まる。

[2017年10月9日 神奈川新聞16面]

山梨出身の唯一のプロ野球選手を目指す横浜商大のエース左腕・渡辺

 山梨出身唯一のプロ野球選手を目指し、左腕が吉報を待つ。26日に行われるドラフト会議に向け、富士吉田市出身で富士学苑から横浜商大に進んだ渡辺佑樹投手(4年)がすでにプロ志望届を提出している。渡辺は「不安もあるが、プロという最高の場所で自分を試してみたい」と熱い思いを明かした。

 県民の期待を背負い、あこがれの世界に挑む。富士学苑出身の渡辺は、卒業後横浜商大に進学。最速144キロの直球を武器に、チェンジアップ、ツーシームなど変化球を操り内外角を丁寧につくエース左腕として神奈川大学リーグで活躍した。3年春にはベストナインを獲得。ピンチの時も表情を変えずマウンドで堂々と投げる姿も含め、スカウトの目に留まるようになった。

 プロを意識したのは大学進学後だ。横浜商大はこれまで2013年のドラフト1位で阪神に入団した岩貞祐太投手(26)を筆頭に多くのプロ選手を輩出している強豪。渡辺は「大学での4年間で技術と精神面が鍛えられ、プロで頑張ってみようと思えるほど成長できた」と話す。

 今月6日、山梨市出身の巨人・松本哲也外野手(33)が今季限りでの引退を発表した。松本の引退で山梨県出身の現役プロ野球選手はゼロに。渡辺は「直接お会いしたことはないけれど、もし自分が松本さんに続けたらうれしい」。その巨人を含む7球団から調査票が届いた。家族も「誰にでも挑戦できることではない」と本人の決断を後押している。渡辺は「指名があればどの球団でも行く」。マウンドでも見せるポーカーフェースで、運命の日を待つ。(大津 紀子)


 ◆渡辺 佑樹(わたなべ・ゆうき)1995年11月8日、富士吉田市生まれの21歳。下吉田東小2年時に富士見町少年野球でプレーを始め、下吉田中を経て富士学苑へ。1年春から公式戦のマウンドに上がり、2年春に背番号1。3年夏の県大会では3回戦で身延に敗れた。左投左打。遠投110メートル。182センチ、83キロ。家族は両親と姉。

[2017年10月23日 スポーツ報知]

渡辺佑樹(横浜商大)、楽天4位「一日も早く戦力になる」

 「自分には縁のない世界だと思っていた」。横浜商大の左腕渡辺佑樹は、楽天からの4位という指名を「非常に高い評価をいただいた」と喜んだ。

 山梨・富士学苑時代は、県8強が最高の無名投手。かつて横浜高や平塚学園高も率いた同校の上野貴士監督の勧めで、横浜商大に進学した。

 気合を前面に出す商大野球が、「おとなしい自分」を変えてくれた。1年春から起用した佐々木正雄監督は、「この素材を伸ばそうと、野球だけに許される”えこひいき”をしてきた」。期待に応えようと毎日、100球以上の投げ込みに励んだという。

 プロへの扉を開いた4年間。球速以上に成長したのは「打者に気持ちで向かえるようになったこと」。通算8勝と満足できる結果を残せなかった悔しさを、プロ生活への原動力にしていく。

 「調子が悪くても信じて使ってくださった監督さんに恩返しするためにも、プロで一日も早く戦力になりたい」。楽天の渡辺という名を、きっと広めてみせる。

わたなべ・ゆうき
投手。富士学苑高−横浜商大。182センチ、83キロ。左投げ左打ち。21歳。

[2017年10月27日 神奈川新聞8面]

【楽天】ドラ4・渡辺、山梨の星になる…G松本引退で県唯一のプロ選手へ

 26日のプロ野球ドラフト会議で楽天から4位で指名された、富士吉田市出身で横浜商大のエース左腕・渡辺佑樹(4年)がプロの舞台への熱き思いを語った。吉報から一夜明けた27日は、横浜市内の同大で練習。1年目の目標を「1試合でも多く登板し、1試合でも多く勝つこと」と掲げた。150キロ超の直球を持つ1位指名の右腕・近藤弘樹(岡山商大4年)らとのライバル争いを制し、1軍定着を目指す。

 山梨県勢唯一の現役プロ選手になるために、渡辺があこがれの世界に飛び込む。ドラフト会議から一夜明け、横浜市内のグラウンドで野球部の練習に参加し、後輩たちと汗を流した。

 楽天の4位指名を受け、26日の記者会見で「非常に高い評価をいただいたという喜びとこんな上位という驚きがありました」と語った渡辺。野球部の仲間と見ていたパソコンの画面に出た自分の名前を何度も見直したという。

 “無名の左腕”が夢をかなえた。富士学苑高では1年からメンバー入りしていたが、県ベスト8が最高。大学でも全国大会の出場経験もない。それでも、最速144キロの直球を主体にチェンジアップ、ツーシームなど変化球を操る制球力で、神奈川大学リーグは通算8勝。3年春にはベストナインを受賞した。

 技術以上に磨いたのは「打者に向かう強い気持ち」だ。高校時代は走者を出した途端に投球が乱れ、何度も悔しい思いをした。横浜商大の佐々木正雄監督(69)は、渡辺にあえて厳しい言葉を投げかけつつ、1年春から公式戦のマウンドに上げ続けた。「野球だけに許される“えこひいき”をしてきた」と指揮官。その期待に応えようという思いが闘志となってマウンドで花開き、スカウト陣の注目を集めた。

 ドラフト直後には、親交のある楽天・星野仙一副会長(70)から監督に「会いに行きたい」と直電が入った。楽天は左腕を補強ポイントに挙げており、渡辺への期待感も高まってくる。

 山梨市出身の巨人・松本哲也外野手(33)が今季限りで引退し、正式に契約を交わせば、渡辺が山梨唯一のプロ野球選手となる。「山梨からは遠くなるけど、応援してもらえるよう頑張りたい」。144キロの直球とマウンド度胸を武器に、東北の地に立つ。(大津 紀子)


 ◆渡辺 佑樹(わたなべ・ゆうき)1995年11月8日、富士吉田市生まれ。21歳。下吉田東小2年時に富士見町少年野球で競技を始め、下吉田中を経て富士学苑高に進み、1年時からベンチ入り。横浜商大では1年春から登板し、3年時の春季リーグではベストナインに選出。182センチ、83キロ。左投左打。遠投110メートル。家族は両親と姉。

[2017年10月28日 スポーツ報知]

推薦入試合格者と新役員 発表

 横浜商科大学野球部は21日、来年度の推薦入試合格者37人と新役員を以下の通りに発表した。
 内訳は投手が16人、捕手が4人、内野手が14人、外野手が3人となっている。甲子園経験者は5人、神奈川の高校生は10人。

 また、主将に西林輝一(3年・宮崎日大)、副主将に内田将樹(3年・山村学園)、主務に日高晴次(3年・修徳)が就任する。

2018年度推薦入試合格者37人

[2017年11月21日]
過去分> 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 |
2016 | 2017
Sponsored Link

Update

2017/10/18 歴代リーグ戦順位歴代リーグ戦表彰選手を更新。
2017/8/22 2017年秋季リーグ戦日程を掲載。
2017/6/28 部員名簿を更新。
2017/6/27 2017年新人戦組み合わせを掲載。
2017/5/17 歴代リーグ戦順位歴代リーグ戦表彰選手を更新。
2017/4/1 野球部OB情報を更新。
2017/3/28 部員名簿を更新。
2017/3/27 2017年春季リーグ戦日程を掲載。
2008/3/4 サイト開設


2018年度 new!


Sponsored Link

2017 年間スケジュール
2月〜3月
春季キャンプ/オープン戦
4月上旬〜5月下旬
神奈川大学野球 春季リーグ戦
6月5日(月)〜7日間
第66回全日本大学野球選手権@神宮、東京ドーム
7月
第41回日米大学野球選手権@米国
7月〜8月
夏季キャンプ/オープン戦
8月中旬〜下旬
第29回ユニバーシアード@台北
8月中旬
神奈川大学野球 新人戦
8月下旬
第5回神奈川県野球交流戦
9月上旬〜10月中旬
神奈川大学野球 秋季リーグ戦
10月30(月)〜5日間
第13回関東地区大学野球選手権大会@相模原
11月10日(金)〜6日間
第48回明治神宮野球大会@神宮

公式戦最終結果
2017年神奈川大学野球
春季リーグ戦 5位
---- 表 彰 選 手 ----
【ベストナイン】
二塁手 河野圭介(4年)
三塁手 西林輝一(3年)

2017年神奈川大学野球
新人戦 準優勝
---- 表 彰 選 手 ----
【打点賞】
浅賀雅人(1年・日大山形)
【敢闘賞】
嘉門裕介(2年・敦賀気比)

2017年神奈川大学野球
秋季リーグ戦 5位
---- 表 彰 選 手 ----
(受賞者なし)


大学日本代表選手
2009年大学日本代表選手
2010年大学日本代表選手
2011年大学日本代表選手
2012年大学日本代表候補選手
東日本大震災復興支援ベースボールマッチ大学選抜メンバー
2013年大学日本代表選手
2014年大学日本代表選手
2015年大学日本代表選手
2016年大学日本代表選手
2017年大学日本代表選手

国 際 試 合
商大の戦士たち

交 流 戦
横浜開港150周年記念野球
第2回県選抜野球交流試合
第3回県選抜野球交流試合
プロ・アマ交流戦(ベイスターズ)2011年夏
プロ・アマ交流戦(DeNAベイスターズ)2012春
第4回県選抜野球交流試合
プロ・アマ交流戦(DeNAベイスターズ)2013年春
プロ・アマ交流戦(読売ジャイアンツ)2013年夏
第1回神奈川県野球交流戦
プロ・アマ交流戦(ヤクルトスワローズ)2014年夏

野球場へ行こう
横浜商科大学野球場案内

リ ン ク 集
神奈川大学野球連盟
東海大学野球写真館
横浜商科大学高校野球部資料館

ご意見・情報提供
 サイトについてのご意見や情報提供などありましたら、 メールにてご連絡ください。

(ご注意) 当サイトは個人的に運営しているものであり、横浜商科大学または硬式野球部の公式サイトではありません。 よって、入部相談や野球部、選手に関する問い合わせに応じることができませんので、あらかじめご了承下さい。



プライバシーポリシー
Copyright (C) 2008-17 横浜商科大学硬式野球部応援サイト All Rights Reserved.