横浜商科大学硬式野球部応援サイト
トップページ 春季リーグ戦 全日本大学野球選手権 秋季リーグ戦 関東地区大学野球選手権 明治神宮野球大会
オープン戦 新人戦 部員名簿 歴代リーグ戦順位 歴代表彰選手 OB情報 フォトアルバムFacebook




Topics & News

横浜商大 プロ注目・渡辺、日米ハーフ大型外野手・佐藤が始動

 神奈川大学リーグの横浜商大が5日、横浜市内のグラウンドで始動した。

 11年春以来のリーグ制覇に向け、プロ注目の143キロ左腕・渡辺や米国人の父を持つ1メートル86の大型外野手・佐藤らがみっちりと走り込んだ。渡辺は同じ左腕の東大・宮台らが刺激になっているといい「自分がしっかり試合をつくる。リーグ優勝して神宮に行きたい」と意欲。佐藤は「打率3割が目標。春優勝に貢献したい」と力を込めた。

[2017年1月6日 5:30 スポニチ]




プロ注目の横浜商大・佐藤、目標は「3割5本10盗塁」

 横浜商大が5日、練習始めを行い、プロ注目の佐藤が「最上級生として春から打率3割、5本塁打、10盗塁でリーグ優勝し、プロを目指したい」と目標を掲げた。日米のハーフで、横浜創学館高時代は「ウイットロゥ」の愛称で通算27本塁打。大学通算は12本塁打ながら、50メートル走6秒2の俊足を武器に、オコエ(現楽天)以上の俊足強肩外野手として成長が期待されている。

[2017年1月6日 5:00 サンスポ]




横浜商大がOP戦プロ注目渡辺は完投、佐藤は場外弾

 横浜商大が24日、神奈川・横浜市内の同大グラウンドで日大と今季初のオープン戦を行い、プロ注目の渡辺佑樹投手(3年=富士学苑)が5安打3失点で完投した。

 同じくプロ注目で、1メートル86センチの大型外野手、佐藤広之(3年=横浜創学館)が右中間へ場外本塁打を放つなどして、5−3で逆転勝ちした。

[2017年2月24日17時31分 日刊スポーツ]




プロ注目の横浜商大の左腕・渡辺が3失点完投

 横浜商大(神奈川リーグ)の最速143キロ左腕・渡辺佑樹投手(新4年)が24日、練習試合初戦の日大戦(横浜市緑区の同大グラウンド)で先発し、5安打3四球1三振3失点で完投し、5−3の勝利に貢献した。先輩には阪神・岩貞祐太投手、西宮悠介投手ら左腕の好投手がおり、巨人・井上チーフスカウト、福王東日本統括スカウト主任、中日・石井チーフスカウト、ロッテ・井辺スカウトが視察した。

[2017.2.24 19:17 サンスポ]




横浜商大 ドラフト候補の佐藤、OP戦で一発アピール「完璧でした」

オープン戦 横浜商大―日大(2017年2月24日 横浜商大グラウンド)

 横浜商大の今秋ドラフト候補に挙がる、佐藤広之外野手(3年)が日大戦に「1番・中堅」で先発。3回に甘く入った直球をとらえ、右中間深くへソロ。「1ボールからだったので、次は直球で張っていた。完璧でした」と胸を張った。

 横浜創学館出身で、米国人の父を持つ左の強打者。高校通算27発とパンチ力が持ち味だ。「冬は(佐々木正雄)監督さんからのアドバイスもあってヒザを柔らかく使うことを意識していた」と振り返る。

 下半身への意識を持ったことで「ワンバンも振らなくなってきた。手応えはある」。この日は3四球を選び、選球眼の進化も見せた。視察に訪れたプロ3球団のスカウトの前で絶好のアピールとなった。

[2017年2月24日 19:17 スポニチ]




主力残る打線に注目 横浜商大

 昨秋は惜しくも2位。2011年春以来遠ざかっているリーグ制覇にあと一歩届かなかった。冬は数多くのオープン戦をこなし、実践感覚を身につけてきた。チームは6年ぶりの頂点と「全日本(選手権)の1勝」(佐々木監督)を狙う。

 昨秋打率2位の3割9分5厘を誇る主将大城がけん引する打線は昨年のレギュラーが6人残る。走攻守がそろう佐藤広と、4番の3年西林の長打力に注目だ。指揮官が「守りからリズムをつくりたい」と期待を寄せる河野、馬場竜の二遊間を中心に内外野の守備は鉄壁。1年浅見(横浜隼人高出身)も期待される。

 投手陣は昨秋の最優秀投手・左澤(JX−ENEOS)ら7投手が卒業した。その影響は大きいが、球威のある速球と多彩な変化球を投げる左腕渡辺(4年)が新エース。右本格派の松本に加え、向上高出身で昨夏の県大会で全4試合を投げ抜いた1年川村も即戦力になりそうだ。

議論の場を設け結束 横浜商大 大城悠也

 横浜商大の主将は、チームが昨秋の優勝を逃したことを今も悔しがる。リーグ2位の打率3割9分5厘も、ベストナイン選出も、その心を満たしてはくれなかった。

 昨秋、ともに勝ち点3で並んでいた第5週の神奈川大戦。1勝1敗で迎えた3戦目を延長タイブレークの末、1−2で落とした。「接戦をものにできなかった」。その思いを春にぶつけるべく、チーム立て直しにまい進してきた。

 毎日の練習後に最上級生だけで開くミーティングを取り入れ、メンバー外の部員も含め、練習や試合で感じた意見を言い合う場をつくった。「メンバー外の部員はいつもスタンドからチェックしてノートをつけている。彼らの意見こそ貴重」 その取り組みがチームの結束を強め、「絶対に俺たちが勝つんだという気持ち」が一人一人に芽生えてきたという。

 だから、個人記録でも「打率より打点」にこだわる。「打率3割は当たり前。ことしはチャンスでどれだけ打てるか」。リーダーとして、3番打者として、チームのために尽くしていく。

おおしろ・ゆうや 一塁手。左投げ左打ち。184a、88`。熊本・城北高。商学部4年。

[2017年4月1日 10-13面 神奈川新聞]




桐蔭大サヨナラで先勝

 横浜商大−桐蔭横浜大、関東学院大−松蔭大の1回戦2試合が8日、横浜スタジアムで行われ、桐蔭大が4−3、関東大が4−0で先勝した。

 桐蔭大は2−3の9回1死2、3塁から鈴木聖歩(3年)の適時打で同点とし、なお満塁から萩原豪(2年)のサヨナラ打で試合を決めた。

[2017年4月9日 17面 神奈川新聞]




工大11得点で先勝

 神奈川大−関東学院大、横浜商大−神奈川工大、桐蔭横浜大−松蔭大の1回戦3試合が15日、関東学院大ギオンパークで行われ、関東大が5−3、工大が11−2、桐蔭大が4−0で先勝した。

 工大は16安打の打線が奮起し11得点。左腕島村純平(4年)が8回2失点に抑えた。

[2017年4月16日 13面 神奈川新聞]




商大が快勝

 神奈川工大−横浜商大、松蔭大−桐蔭横浜大、関東学院大−神奈川大の2回戦3試合が16日、関東学院大ギオンパークで行われ、商大が2−0、桐蔭大が6−4、関東大が6−2で勝利した。

 商大は向上高出身の右腕川村駿平(1年)9安打6三振で完封。

期待の川村が完封

 横浜商大は1年生の右腕川村が公式戦初登板でいきなり初完封。開幕3連敗のチームに光をもたらし、「絶対に勝ちたかったし、大きな経験になった」と満足げだ。1、4回満塁になるなど再三走者を背負ったが、要所で内角への鋭い速球が決まり、ピンチを切り抜けた。

 向上高では昨夏の神奈川大会の全4試合を一人で投げ抜き、わずか3失点。5回戦では横浜相手に粘投して0−2で惜敗し、その実力は証明済みだった。川村は「リーグ制覇し、その上の日本一を目指して頑張っていく」と意気込んでいた。

[2017年4月17日 15面 神奈川新聞]




商大が勝ち点 エース渡辺完封

 横浜商大−神奈川工大の3回戦が17日、関東学院大ギオンパークで行われ、商大が5−0で工大を下して今季初の勝ち点を挙げた。

 商大はエース左腕の渡辺佑樹(4年)が散発4安打完封。打線は3回に河野圭介(同)の中前打で2点先制するなど5得点した。

ルーキーの活躍に奮起

 「お前がやるしかないだろう」。マウンドの駆け付けた横浜商大・佐々木正雄監督(68)がげきを飛ばした。

 3−0の6回。四球から崩れた2死満塁のピンチだった。一発が出れば逆転という場面での指揮官の激励に、エース渡辺は何度もうなずく。

 気持ちを入れ直して、外角への直球で遊ゴロに仕留めると、7回以降は直球にツーシームを織り交ぜて9人できれいに片付けた。散発4安打で、昨春以来となる完封だ。

 偉大な左腕岩貞(阪神)と入れ違いで入学した1年春からリーグ戦を経験。昨春はベストナインに選ばれたプロ注目のサウスポーだが、先発した15日の1回戦はわずか2/3回でKOされ、チームは2−11で大敗。「情けなかった」とリベンジの機会を待っていた。

 前日は1年川村が初登板で初完封。「ここ(3回戦)まで連れてきてくれたのは川村のおかげだし、自分が勝たなきゃ何もならない」。ルーキーがつないだマウンドで、連続完封という最高の結果を残した。

 今春は桐蔭横浜大がすでに勝ち点3だが、大黒柱の復活で勝ち点1をもぎ取った商大も6年ぶりのリーグ制覇へ望みをつなげた。背番号18は「4年生が引っ張っていかないといけない。リーグを勝ち抜き、全日本でも優勝したい」と頂点だけをめざしていく。

[2017年4月18日 6 面 神奈川新聞]




神大猛攻、今季初の勝利

 神奈川大−神奈川工大、横浜商大−関東学院大の1回戦2試合が22日、神奈川工大KAITスタジアムで行われ、神大が7−2、関東大が5−2で勝利した。

 関東大は右腕久保田倫太郎(2年)が9回2失点で投げ切った。

[2017年4月23日 12面 神奈川新聞]




関東大、神大が勝ち点

 関東学院大−横浜商大、神奈川工大−神奈川大の2回戦2試合が23日、神奈川工大KAITスタジアムで行われ、関東大が14−0、神大が4−1で勝利した。

 関東大は2回に古寺宏輝(1年)が満塁本塁打を放つなど、計15安打14得点の猛攻で勝ち点を2と伸ばした。

[2017年4月24日 12面 神奈川新聞]




桐蔭大が無敗V

 関東学院大−桐蔭横浜大の1回戦が6日、サーティーフォー相模原球場で行われ、桐蔭大が8−7で逆転勝ちし、開幕から9連勝の勝ち点4で2季ぶり10度目の優勝を決めた。桐蔭大は第66回全日本選手権大会(6月7日から7日間・神宮球場など)に出場する。

 横浜商大は松蔭大に9−6で先勝した。第6週第2日は7日、同球場で桐蔭大−関東大、松蔭大−商大の各2回戦を行う。

[2017年5月7日 18面 神奈川新聞]




桐蔭大と商大連勝し勝ち点

 桐蔭横浜大−関東学院大、松蔭大−横浜商大の2回戦が7日、サーティーフォー相模原球場で行われ、桐蔭大と商大が連勝し勝ち点を挙げた。

 横浜商大は同点の6回無死満塁に、藤澤浩太(3年)が2点適時打を放ち勝ち越し。3番手の川村駿平(1年)が4回2/3を無失点に抑え、6−3で松蔭大を下した。

[2017年5月9日 11面 神奈川新聞]




神大と関東大が先勝

 神奈川大−横浜商大、神奈川工大−関東学院大の1回戦が15日、横浜スタジアムで行われ、神大が6−2、関東大が11−6で勝利した。

 神大は2−2のタイブレーク10回に冨岡泰宏(2年)の適時二塁打などで4得点を挙げた。

[2017年5月16日 8面 神奈川新聞]




神大が勝ち点

 関東学院大−神奈川工大、横浜商大−神奈川大の2回戦が16日、横浜スタジアムで行われ、工大が4−3で下し、神大は6−4勝利し勝ち点を3とした。

 神大は5回の大堀純一(2年)の2点適時二塁打などで6点を挙げた。

[2017年5月17日 8面 神奈川新聞]




過去分> 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016

Sponsored Link

Update

2017/8/22 2017年秋季リーグ戦日程を掲載。
2017/6/28 部員名簿を更新。
2017/6/27 2017年新人戦組み合わせを掲載。
2017/5/17 歴代リーグ戦順位歴代リーグ戦表彰選手を更新。
2017/4/1 野球部OB情報を更新。
2017/3/28 部員名簿を更新。
2017/3/27 2017年春季リーグ戦日程を掲載。
2016/10/18 歴代リーグ戦順位歴代リーグ戦表彰選手を更新。
2008/3/4 サイト開設


Sponsored Link

2017 年間スケジュール
2月〜3月
春季キャンプ/オープン戦
4月上旬〜5月下旬
神奈川大学野球 春季リーグ戦
6月5日(月)〜7日間
第66回全日本大学野球選手権@神宮、東京ドーム
7月
第41回日米大学野球選手権@米国
7月〜8月
夏季キャンプ/オープン戦
8月中旬〜下旬
第29回ユニバーシアード@台北
8月中旬
神奈川大学野球 新人戦
8月下旬
第5回神奈川県野球交流戦
9月上旬〜10月中旬
神奈川大学野球 秋季リーグ戦
11月上旬
第13回関東地区大学野球選手権大会
11月10日(金)〜6日間
第48回明治神宮野球大会@神宮

公式戦最終結果
2017年神奈川大学野球
春季リーグ戦 5位
---- 表 彰 選 手 ----
【ベストナイン】
二塁手 河野圭介(4年)
三塁手 西林輝一(3年)

2017年神奈川大学野球
新人戦 準優勝
---- 表 彰 選 手 ----
【打点賞】
浅賀雅人(1年・日大山形)
【敢闘賞】
嘉門裕介(2年・敦賀気比)

大学日本代表選手
2009年大学日本代表選手
2010年大学日本代表選手
2011年大学日本代表選手
2012年大学日本代表候補選手
東日本大震災復興支援ベースボールマッチ大学選抜メンバー
2013年大学日本代表選手
2014年大学日本代表選手
2015年大学日本代表選手
2016年大学日本代表選手
2017年大学日本代表選手

国 際 試 合
商大の戦士たち

交 流 戦
横浜開港150周年記念野球
第2回県選抜野球交流試合
第3回県選抜野球交流試合
プロ・アマ交流戦(ベイスターズ)2011年夏
プロ・アマ交流戦(DeNAベイスターズ)2012春
第4回県選抜野球交流試合
プロ・アマ交流戦(DeNAベイスターズ)2013年春
プロ・アマ交流戦(読売ジャイアンツ)2013年夏
第1回神奈川県野球交流戦
プロ・アマ交流戦(ヤクルトスワローズ)2014年夏

野球場へ行こう
横浜商科大学野球場案内

リ ン ク 集
神奈川大学野球連盟
東海大学野球写真館
横浜商科大学高校野球部資料館

ご意見・情報提供
 サイトについてのご意見や情報提供などありましたら、 メールにてご連絡ください。

(ご注意) 当サイトは個人的に運営しているものであり、横浜商科大学または硬式野球部の公式サイトではありません。 よって、入部相談や野球部、選手に関する問い合わせに応じることができませんので、あらかじめご了承下さい。



プライバシーポリシー
Copyright (C) 2008-17 横浜商科大学硬式野球部応援サイト All Rights Reserved.