横浜商大高校硬式野球部の歩み


横浜第一商業高等学校(昭和24年3月)
Sponsored Link

昭和16年 軟式で野球部創部
21年 全国高等学校野球神奈川県大会に初参加。1回戦で興中に4−10で敗退
25年 1回戦で興國を13−6と破り、夏の神奈川大会で初勝利。
28年 2回戦から登場、前年5−7と敗れている秦野と対戦。 初回に3点を失うが5回に同点に追い付き、最終回に決勝点を奪い4−3で競り勝つ。
30年 優勝候補だった小田原城東を3−2で破る殊勲を挙げる。
34年 3回戦で小田原と大会初の延長18回。2−2で引き分け。 後日の再試合で2−0で勝利。初の準々決勝進出。
36年 春季大会2回戦で柴田(元巨人)を擁する法政二と対戦。 健闘するも2−4で惜敗。
39年 2度目の準々決勝進出。
41年 初の決勝進出で、強豪武相を1−0で退け全国大会(48回)初出場を達成。 1回戦で駒大苫小牧(南北海道)を13−3、2回戦で郡山(奈良)を6−2で破り準々決勝に進出。 松山商(愛媛)に2−4で惜敗。この年国体にも出場。
43年 1回戦で信証から33得点の大会最多得点。 この試合で玉村が1試合7得点を記録。秋季大会では準決勝に進出。
44年 好投手倉持(元ヤクルト)を擁し4回戦で県大会優勝の東海大相模と対戦、 延長11回に決勝点を奪われ敗退。
45年 2度目の決勝進出で、前年惜敗した東海大相模と対戦、 初回に4点を先行したが3回に追い付かれ5−12で敗退。
47年 大会屈指の左腕木田(元日本ハム)を擁し、優勝候補に挙げられたが、 準決勝で秦野に延長11回に3−4で破れ全国大会出場ならず。
49年 春季県大会決勝で藤沢商と対戦。延長10回4−5で敗れる。
50年 学校名を横浜一商から横浜商大に改めた一年目の大会。
63年 秋季県大会で準決勝進出。横浜商に1−8で敗れるも秋季関東大会(第41回)に進出。 決勝で市立柏(千葉)に破れ準優勝。
平成元年 初の全国選抜大会(第61回)に出場。 初戦で福井商(福井)と対戦。10安打を放つも1−4で破れる
5年 3度目の決勝進出で、強豪横浜を破り27年ぶり2度目の全国大会(第75回)に出場。 1回戦の浦添商(沖縄)戦は浅場の先制ホームランなど大技小技を決め6−1で突破。 2回戦の新潟明訓(新潟)にも15安打で10点を奪い、福田−米山の継投も決まって完封勝利。 3回戦は今大会優勝の育英(兵庫)と対戦。7回に4−4の同点に追い付く粘りを見せたが、8回に1点を失い4−5で惜敗、 ベスト8入りを逃した。
7年 準決勝に進出したが慶応に7−11で敗れる。 秋季大会も準決勝で横浜に0−6で敗退
9年 秋季大会は準々決勝で延長戦の末桐光学園に2−1で破るも、 準決勝で日大藤沢に2−9で敗れる
10年 準決勝に進出したが、松坂擁する横浜に0−25で完敗
12年 準決勝で桐光学園に2−12で敗れる。
(以上「熱球・跳球」より引用)

平成15年 大会屈指の右腕給前を擁し、4度目の決勝進出。強豪横浜を破り10年ぶり3度目の全国大会(第85回)に出場。1回戦の明徳義塾(高知)戦は7回に菊地の三塁打と武田の犠飛で先制するも、その裏に逆転を許し1−4で敗れる。
秋季大会の準々決勝で延長の末に横浜隼人を8−6で破るも、準決勝では接戦を制すことができず、藤嶺藤沢に4−5で惜敗する。
16年 準々決勝で厚木西と対戦。4本塁打が乱れ飛ぶ激しい打撃戦を制した。準決勝の相手は横浜。2、7回に大量失点を許すなどして、3−16でコールド負けを喫する。
18年 準々決勝で鎌倉学園と対戦。毎回の16安打19得点、5回コールドで準決勝進出を決めた。準決勝の相手は東海大相模。先発、2番手投手が乱調、 4回に打者10人の猛攻で5点を返したが、序盤の大量失点が響き、6−15で敗退。
21年 春季大会の準決勝で桐光学園と対戦。寺田の投打に渡る活躍で接戦をものにした。決勝は横浜と対戦。初回に7失点、その後も得点を重ねられ4−21で大敗。準優勝で23年ぶり2度目の春季関東大会(第61回)に進出。1回戦で主戦寺田が5安打完封で1点を守り前橋商(群馬)を下した。2回戦は帝京(東京)に3−14でコールド負けを喫する。
準々決勝に進出するも、桐蔭学園に投打に圧倒され、0−10でコールド負けを喫する。
秋季大会で準々決勝に進出。初回に5点先制するも、その後逆転を許し、桐蔭学園に6−13でコールド負けを喫する。
22年 春季大会で準々決勝に進出。左腕西崎の緩急をつけた投球が光り、川崎北に4−1で完勝。準決勝は桐光学園と対戦。接戦を演じたが逆転を許し、2−4で敗退。
秋季大会で準々決勝に進出。服部−馬場の継投策が功を奏し、麻溝台を5−2で下し、7年ぶりの4強入りを決めた。準決勝は横浜と対戦。主戦右腕の服部が5安打2失点と粘投したが、 打線が好機での一打に欠け、惜敗する。
23年 秋季大会の準々決勝は立花学園と対戦。投打がかみ合い9−1で勝利、2年連続の4強入り。準決勝で横浜に1−5で敗れる。
24年 秋季大会の準々決勝は横浜創学館と対戦。犠打を絡める手堅い攻めで4−1で勝利、3年連続の4強入り。準決勝で東海大相模に1−6で敗れる。
28年 秋季大会の準々決勝で平塚学園を延長の末、サヨナラ勝利し、4年ぶりの4強。準決勝で慶応に0−8でコールド負けを喫する。

Sponsored Link

HOME RETURN